1. HOME
  2. 企業情報
  3. ごあいさつ

 日東ベストは、日東食品製造が平成6年に関連会社6社を吸収合併して誕生しました。
 社是である「食品産業の分野において広く社会に貢献する」の通り、昭和12年に前身の日東食品を創業して以来、多くの皆様に、美味しい食品をお届けするために、製造技術の向上に努力してきただけでなく、白桃缶詰の輸出が盛んになると、社内で桃栽培技術者を養成し、栽培指導や桃苗木を提供して特約組合を設立して原料を調達しました。あるいは、コンビーフの製造が盛んになると、原料肉となる牛の飼育を県内農家に奨励して原料を確保するなど、地域の皆様にご協力をいただきながら、地域の皆様とともに成長して参りました。農産缶詰、畜肉缶詰の製造に特化していた時代から徐々に、世の中の食に対するニーズの変化、多様化もあり、冷凍食品の製造を開始し、専門メーカーから様々な品目を製造する食品メーカーとなり今日に至ります。
 弊社では「走頭無路」という言葉が長い歴史の中で諸先輩方から脈々と受け継がれています。その意味は、先頭を走るものには道がない。常に自らの工夫と努力を尽くし、自ら切り拓いていくこと。私たちは、常に新しい技術や素材の開発に取組み、広くお客様の声に耳を傾け、高度な品質の付加価値のある商品を産み出し、そして、多くの皆様にお届けすることを、今までも、そしてこれからも続けて参ります。
 今後とも皆様の変わらぬご支援ご協力のほど心より宜しくお願い申し上げます。