1. HOME
  2. 企業情報
  3. ごあいさつ

 代表取締役社長の大沼一彦です。関係者皆様の心温まるご支援を忘れず社業に邁進したいと考えております。
 原材料の高騰や低価格競争が依然と続き厳しい環境となるでしょう。
 この厳しい環境を乗り越える為『マンネリの打破』をキーワードに、原価低減に取り組み、また流通の方々との連携を図り難題解決を進めてまいります。
 これから大型又は高額の耐久消費財の買い控えという耐乏生活が始まるのではないでしょうか。
 その中にあって、生活はどうか?食べ控えは出来ません。1日3回の食事を 抜くわけにはいきません。考えてみると、10年前20年前と日本人の食総量は変わっていないのです。しかし年齢構成、ライフスタイルの変化により、食べ方、食材の選択は変化しつつあります。
 今の生活の中にあって食生活の立場は大切になってくるのではないでしょうか。激動する世の中にあって、ほっとする気持ち、癒される、あるいは元気付けられる、感動した!というシーンを、人々は食生活の中に見い出したいのではないでしょうか!
 それを実現する食材を、メニュー提案を、そして食の演出を提供するのが、私達食関係者の任務でありま す。今の日本人のしあわせ感は私達の双肩にかかっていると・・・少し大げさですが、思いこんでやりましょう。