1. HOME
  2. 企業情報
  3. 地域との関わり

日東ベストと寒河江市

 日東ベストの歴史は、寒河江市の生活に大きく関わっています。
 寒河江市では、サクランボをはじめとする果物の生産が盛んでした。
 そんな中、生ものである果物を長期間保存できる缶詰加工が始まり、現在の日東ベスト株式会社の前身である日東食品株式会社が寒河江に誘致されました。
 その後も生産量の増加に伴い、缶詰製造を目的として複数の工場を開設し、現在も寒河江市内で3工場(県内では8工場)を稼働しています。
 寒河江市チェリーランドのさくらんぼ会館のさくらんぼ歴史資料展示説明には、1937年(昭和12年)日東食品が寒河江に誘致されさくらんぼの缶詰め加工を始めたとあります。


チェリーランド:さくらんぼ会館

さくらんぼの歴史(さくらんぼ会館内)


 寒河江公園長岡山に建つ、[生産日本一さくらんぼの里]石碑にも[日東食品の工場が戦後も次々と建設されるにつれさくらんぼ栽培面積が拡大し、農業経済を潤し、名実共に生産日本一を誇るさくらんぼの里となった]と記されています。


生産日本一さくらんぼの里 石碑

生産日本一さくらんぼの里 石碑裏