1. HOME
  2. 安全・安心への取り組み

独自のHACCPシステムによる管理・記録のシステムを構築

 HACCP(ハセップ)による安全管理システム(略称:HACCPシステム)は、NASAの宇宙食生産のために開発された、製造工程での危害の発生点を分析し重点管理することで危害の発生を防止する高度な安全管理システムです。厚生省の総合衛生管理製造過程をベースに、独自のHACCPシステムによる管理・記録のシステムを構築しました。現在、日東ベスト全工場に展開し、この仕組みが現在の日東ベストの全工場における安全性保証の根源となっています。
 また、更なるステップアップを目指して、新たな食品安全システムであるFSSC22000の認証に向けて取り組みを開始しました。既に山形工場は認証を取得しておりますが、引き続き自社7工場及び関西ベストフーズ、九州ベストフーズも令和5年度の認証取得を目指しております。